金銭管理と独立の関係

報酬、経費、税金など、独立後はそれら全てが自分の管理下に

会社員とフリーの収入に関する違い

IT関連のプログラミングスキルを有するエンジニアは、個人でも十分に仕事ができるスキルを有している場合フリーエンジニアとしての働き方も検討できます。
フリーエンジニアに求めるものとして、プログラミングスキルがあり、十分に商品として通用するものを作り出せる事はもちろん大切な事ですが、それとともにクライアントにとっては、いかに安く依頼を引き受けてくれるかも大切な要素の一つとなるでしょう。
クラウドソーシングサービスなどが充実している現状においては、企業が個人に仕事を依頼する事も珍しくなくなってきています。しかし、フリーエンジニアに依頼する理由は、業者に依頼するよりも安く仕事を行なってくれる可能性がある点などが挙げられます。個人のフリーエンジニアであっても実績がある人や有名な人であれば業者よりも高い可能性はありますが、交渉によって業者よりも安く仕事を行なってもらう事に多少なりとも期待するものです。
そうは言っても、報酬が収入に直結する分、雇用されて働くよりも収入が高くなる事も珍しくなく、仕事によっては単価が安い事を考慮しても十分な収入を得る事もできるので、働き方としては良い方法の一つと言えます。下請け企業などに就職して作業を行うよりも高単価で仕事ができる場合もあるので、フリーに転向する事は悪い選択ではないでしょう。
また、その場合必要となってくる知識があり、その一つに会計知識などが挙げられます。雇用される時とは異なり、全ての事務処理を行っていく必要があるので、ある程度の知識は必要になってくるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です