金銭管理と独立の関係

報酬、経費、税金など、独立後はそれら全てが自分の管理下に

フリーエンジニアの多様性と会計について

IT関連のフリーエンジニアは、需要のある仕事だからこそ雇用されるよりも多くの収入を得る事ができる可能性のある働き方です。
活躍の場は幅広く、システム開発やアプリ開発、ソフトウェア開発における業務を請け負ったり、様々なサービスを個人で作って世に出し、利益を得るビジネスをしたり、コンサルティングとしても活躍できます。
営業などを行いクライアントを獲得していくようなスタイルに不安のある人は、クラウドソーシングサービスなどを活用すると、様々な仕事の募集があるので、依頼したいクライアントを見つける事も容易になるはずです。理解しているプログラミング言語などにもよりますが、スキル次第で様々な可能性を感じられる働き方と言えるでしょう。
フリーエンジニアは雇用されて働く場合と異なり、様々な税務処理を行う必要があるので、多少の会計知識も必要になってきます。しかし、資格取得を検討する程難しい知識把握まで行う必要は、個人事業主の場合にはないかもしれません。もちろん、できるのであれば十分な知識習得を行なった方が良いですが、何が経費にできるのかを把握しておくだけでも利益を損なう心配は軽減するでしょう。
優秀な会計ソフトなども世に出ている現状において、個人事業主レベルであれば、これらを活用するだけで問題ないかもしれません。状況に応じてより良い選択を行うと良く、利益が安定しているのであれば専門家への相談も検討すると会計処理の手間も軽減できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です